MOPERC サバールドラム

MOPERC サバールドラム マホガニー

サバール(sabar)は、西アフリカ・セネガルの伝統的な太鼓の一種で、一般的に手と棒で叩かれる。

最も有名な演奏家はドゥードゥー・ンジャイ・ローズ(Doudou N’Diaye Rose、1930年7月28日-)。

元来、サバールは他の村とのコミュニケーションのために使われていた。異なる種類のリズムが、個別の意味を含有し、15キロメートル以上先まで音が届いた。

現代では結婚式やお祭りでは太鼓奏者のリズムに合わせてダンサーが踊る。 リズムのテンポが非常に速いのが特徴。

- Wikipediaより引用

伝統的なサバールドラムに、MOPERCの現代的な技術やデザイン要素が加わりました。

MOPERCのサバールドラムは軽量でチューニングがしやすく、本格的なサバールのサウンドを実現しています。

伝統的なゴートスキンのヘッドを搭載し、非常に深みのあるベーストーンだけではなく、スティックで演奏する驚異的なダイナミックレンジは、伝統を凌駕するほどです。

  • アッシュウッド製サバールドラム
  • サイズ: 10″x24″
  • フィニッシュ: MOPERC マホガニーマホガニー / MOPERC レッドウッドレッドウッド / MOPERC ナチュラルアッシュナチュラルアッシュ
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ